貨物鉄道博物館 開館15周年記念イベント
貨物鉄道博物館15周年記念事業

貨物鉄道博物館は、日本の経済発展を支えてきた、鉄道による貨物輸送が1873(明治6)年9月15日に始まって以来、2003(平成15)年に130周年を迎えるのを記念し、世界初の貨物鉄道を専門とする博物館として開館しました。

2010(平成22)年には、国立科学博物館の「重要科学技術史資料(未来技術遺産)」第00048号「大正から昭和の技術的に貴重な貨車」として収蔵車輌4輌が登録され、2011(平成23)年には産業考古学会推薦産業遺産「貨物鉄道博物館の保存・資料群」として認定されました。

2018(平成25)年9月で15周年となったことを記念して、
11月4日(日)にイベントを行いました。


●開館15周年記念式典 イベントは終了しました。
  開催日:11月4日(日)10時〜16時

◆修復車輌披露式(10時半より)
  名古屋鉄道ト15、旧関西鉄道鉄製有蓋車 他
  名古屋鉄道ト15は、入換え・組成作業も公開の予定です。(13時半より)


名古屋鉄道ト15


旧関西鉄道鉄製有蓋車


巴川製紙所DB101


オリジナルグッズ 新商品発売!


15周年記念クリアファイル 300円(税込)


15周年記念列車ポストカード10枚セット 800円(税込)


収蔵車車番キーホルダーシリーズに、DB101・テワ1が登場! 500円(税込)

その他
ポストカード15枚セット 1,000円(税込)
修復が完了した形式の写真を変更した新セットです。

◆キッチンカー出店!
イベント当日、出店頂きました。

キッチンカー:ハヅキキッチン


キッチンカー:フレイトレシピ

◆鉄道模型店出店!イベント当日出店頂きました。
 
鉄道模型店:エヌ小屋、城東電軌、紀州鉄道、工房さくら鉄道、五八屋模型店
          パンケーキコンテナ、朗堂、ワールド工芸

貨物鉄道博物館×三岐線スタンプラリー 開催!
開催期間:2018年11月4日(日)〜2019年9月1日(日)

2019年9月1日まで開催中です。
記念品がなくなりしだい終了しますのでお早めに!



参加方法
  期間中、館内で100円以上のお買い物1回につき1枚専用台紙をお渡しします。

 
貨物輸送に活躍した機関車・貨車が保存されている
  丹生川駅・東藤原駅・西藤原駅の3駅をめぐり、各駅営業時間内の乗降時に
  窓口でスタンプ台紙を提示し駅係員に押印してもらってください。
  (丹生川駅・東藤原駅・西藤原駅、窓口営業時間 6:30〜21:00)


  1回乗車につき1枚のみご利用出来ます。 乗車券は別途お求めください。

  3駅のスタンプを集めましたら、開館日に受付カウンターへお持ちください。
  15周年記念オリジナル缶バッジを進呈します。
 
(記念品がなくなり次第終了させて頂きます。)

●三岐線記念列車運行 ヘッドマーク掲出期間は終了しています。


◆記念ヘッドマーク付貨物列車運行(富田〜東藤原間)
 期間:10月31日〜11月5日(予定)

 但し、貨物列車は運休の場合もありますので、ご了承ください。

 事業者様への貨物列車運行状況につきましてのお問い合わせは、
 業務に支障きたしますのでご遠慮ください。
 また、沿線私有地侵入や危険な撮影等、マナーを守って頂きますようお願いいたします。