修復終えた タ2001
現在は駅側新展示線へ移設展示しています。

次回開館日 12月3日(日)



Topics 

 明治時代の産業遺産「日本最古級の鉄道貨車」が三重に里帰り!   

 貨物鉄道博物館「オリジナルカレンダー2018」 中古鉄道模型販売中! 
 公式ガイドブック 第2版 タ2001車番キーホルダー 衣浦臨海鉄道40周年記念車番キーホルダー
 ワフ21120車内に車掌クマちゃんが登場します! 新刊「貨車車票の歴史(戦後篇)」著:浦田 慎

明治時代の産業遺産「日本最古級の鉄道貨車」が三重に里帰り!

明治時代の産業遺産「日本最古級の鉄道貨車」が三重に里帰り!

 2017年9月21日(木)、明治時代の産業遺産「日本最古級の鉄道貨車」が、茨城県龍ケ崎市の関東鉄道竜ヶ崎線竜ヶ崎車庫から貨物鉄道博物館に搬入されました。

 搬入された貨車は1900(明治33)年、関西鉄道四日市工場にて製造された「旧・関西鉄道458号貨車」、のちの「鉄道省テワ1009号鉄製有蓋貨車」で、車輪やブレーキ装置が失われており、竜ヶ崎線の車庫では「有蓋貨車」の上まわりだけを倉庫として使われていました。日本で現存する鉄道貨車の中では最古級で、貨物鉄道博物館では、今回搬入された貨車が最古のものとなりました。

 また、外国製の鋼材であることを示す刻印が車体に刻まれているのが、今回の搬入により確認されています。

今後は詳細調査・保存修復作業を進める予定です。
10月1日(日)開館日より公開しております。

※貨物鉄道博物館では、関西鉄道・龍崎鉄道〜鹿島参宮鉄道時代の現役写真を探しております。
お持ちの方は貨物鉄道博物館事務局へご一報ください。

frm_officeアットマークsangirail.co.jp (アットマークは@に変換してください)

貨物鉄道博物館「オリジナルカレンダー2018」

●貨物鉄道博物館「オリジナルカレンダー2018」
ハガキサイズの卓上タイプとなっています。
12ヵ月の内容は三岐鉄道のほか、JR貨物、衣浦臨海鉄道の貨物列車となっています。

1セット1,000円(税込)で、10月1日開館日より販売開始しています。
貨物鉄道博物館の非開館日は三岐鉄道丹生川駅でも販売しています。

通販の場合は、貨物鉄道博物館事務局へメール申込の上、
発送梱包手数料250円を含めた1,250円を、貨物鉄道博物館口座へ振込みください。
振込手数料は振込人負担でお願いいたします。


通販申込、お問い合わせ等はメールにてお願いいたします。
連絡先:貨物鉄道博物館事務局

frm_officeアットマークsangirail.co.jp (アットマークは@に変換してください)


開館日、中古鉄道模型販売中!

貨物鉄道博物館では、中古の貨車・機関車模型を多数販売しております。

参考画像は前回開館日の販売品です。
画像内の商品では、すでに売り切れてしまっているものもございます。ご了承ください。


商品は毎月少しずつ入れ替えています。
レア品も取りそろえておりますので、ぜひ貨物鉄道博物館へお越しください!
また、不要な貨車模型をお持ちの方、貨物鉄道博物館へご寄付をお待ちしております。
外箱が無かったり、多少の破損などでも構いません。
整備の上、中古模型として販売し、売上は博物館の運営費とさせて頂いております。


◆公式ガイドブック 第2版(限定500部)

誤記がございましたので、以下に訂正させて頂きます。
P19:解説文上から6〜7行目
誤:タム2000形 → 正:タ2000形

新収蔵車タ2001を含む、マイナーチェンジした第2版を発売開始!(限定500部)
 B5版76ページ 1,100円(税込)
 内容は、施設紹介・車輌紹介・収蔵品紹介・修復記録・貨車解説・貨物輸送史 他。

通販の場合1,250円(送料・荷造手数料込)」発送はメール便になります。

タ2001車番キーホルダー

収蔵車車番キーホルダーシリーズに、新収蔵車タ2001が登場! 500円(税込)


ワフ21120車内に車掌クマちゃんが!

ワフ21120車内に車掌クマちゃんがいます!

ワフ車内で、車掌クマちゃんと記念撮影が出来るようにしました。
大きな車掌姿のかわいいクマちゃんです。お子さんと記念撮影してみてください。
制服のボタンもクマちゃん!

以下のリンク先にも紹介されてますのでご覧になって見てください。

三岐鉄道車輛大図鑑さんのブログ「きまぐれ日記」
http://n-craft-s.at.webry.info/201601/article_22.html

いなべ市観光協会さんのFacebook
https://www.facebook.com/kankoinabe/


衣浦臨海鉄道 40周年記念車番キーホルダー
衣浦臨海鉄道 40周年記念車番キーホルダー(500円)


開館日販売品、新商品追加

●トミーテック鉄コレ「三岐鉄道ED459」


トミーテックさんから鉄道コレクション三岐鉄道ED459が発売になりましたので、
貨物鉄道博物館でもオリジナル解説書・ポストカード付で販売します!

■オリジナル解説書・ポストカード付 2,200円(税込)
■動力ユニット・PG16パンタグラフ、オリジナル解説書・ポストカード付 5,600円(税込)


※在庫数が少ないので、お早めにお求めください。


ポストカード新作
「貨物鉄道博物館に展示される貨物列車編成」
39号蒸気機関車+ト246+ワ11+ワ5490+ワフ21120
開館日館内で発売中 1枚50円(税込)

「貨車車票の歴史(戦後篇)」

 貨車車票の歴史 戦後篇
 著:浦田 慎 
 監修:貨物鉄道博物館 オールカラーB5判80ページ 領価 1500円(税込) 4月1日新刊発刊

貨車の側面に差された貨車の切符=「車票」の歴史を解き明かした 初の解説書。既刊の戦前篇に続く戦後篇では、昭和21年から現在までの車票の変遷を、多数の実物資料とともにカラー図版で紹介する。「積卸混載車票」や「輸入品車票」といった、ほとんど知られていない車票に加え、時代ごとの各車票のわずかな様式変更まで追求し、パーフェクトガイドと呼べる内容となっている。

また 「コンテナ荷票」の歴史も10ページにわたって解説し、「封印環」や「特殊貨物検査票」などの輸送アイテムも取り上げてい る。奇跡的に保存されていた戦時中の車票と、占領下の進駐軍用車票類が初めて公表されたほか、運用中のワサ1形など、かつての貨物輸送を伝える貴重な写真も必見。

申込方法:郵便振込用紙に「貨車車票の歴史(戦後篇)○冊希望/ 住所、氏名、電話番号」を明記の上、郵便振替口座 「00970-8-179686 特非)貨物鉄道博物館」に1500円×冊数の金額を振込下さい(送料サービス)。「戦前篇」と「戦後篇」のどちらを希望か明記下さい(両方あわせての申込も可能です)。振込手数料は振込人負担でお願いいたします。配送はメール便になります。

毎月一回の博物館開館日に現地でも販売しております。開館日等はこちらでご確認ください。
書泉グラン デ、旭屋書店なんばCITYでも部数限定で販売予定です。

連絡先:貨物鉄道博物館事務局
お問い合わせはメールにてお願いいたします
E-mail frm_officeアットマークsangirail.co.jp (アットマークは@に変換してください)

「貨車車票の歴史(戦前篇)」



 貨車車票の歴史 戦前篇
 著:浦田 慎 
 監修:貨物鉄道博物館 オールカラーB5判64ページ 領価1500円(税込) 7月1日新刊発刊


貨車の側面に差された貨車の切符=「車票」の歴史を解き明かした初の解説書。戦前篇では、明治から昭和戦時期までの車票の変遷を、豊富なカラー図版とともに紹介する。輸送品や輸送方法によってさまざまなデザインの車票が使い分けられ、それに応じて貨車の入れ換え作業が行われていた様子が伝わる一冊。火薬や軍用貨物を示す表示類についても詳述され、戦時中の秘密輸送の一端を知ることができる。またこれまで紹介されることのなかった南満州鉄道の車票様式の数々も資料価値が高い。ほとんど皆無とも言われていた戦前の車票の実物や、大正時代の直江津駅、白鳥貨物駅など、当時の貨物輸送を伝える写真の数々も必見。

申込方法:郵便振込用紙に「貨車車票の歴史(戦前篇)○冊希望/住所、氏名、電話番号」を明記の上、郵便振替口座「00970-8-179686 特非)貨物鉄道博物館」に1500円×冊数の金額を振込(送料サービス)下さい。振込手数料は振込人負担でお願いいたします。配送はメール便になります。


毎月一回の博物館開館日に現地でも販売しております。
開館日等はこちらでご確認ください。

連絡先:貨物鉄道博物館事務局
お問い合わせはメールにてお願いいたします
E-mail frm_officeアットマークsangirail.co.jp (アットマークは@に変換してください)
(三重県四日市市富田3-22-83三岐鉄道株式会社内 Tel:059-364-2141)

  • 所在地   三重県いなべ市 大安町丹生川中 三岐鉄道三岐線丹生川駅前
  • 開館日   毎月第1日曜日 (1月のみ第2日曜日) 入館無料
           (その他、臨時に開館することがあります)
  • 開館時間 午前10:00〜午後4:00